第25回 「認知症について話そう」開催しました。

 第25回  おしゃべりカフェ

「認知症について話そう」

 

 5月のおしゃべりカフェは、ゲストに関市第1地域包括支援センターの看護師・河田和之さんに来ていただき、「認知症について話そう」を開催しました。

 最初に河田さんから認知症について話を聞きました。

 *認知症とは・・・・五感を使って認知出来なくなる

 *認知症の種類は・・100種類ほどある

 *4大認知症とは・・                         

①アルツハイマー型認知症
脳の神経細胞が少なくなっていく。季節がわからなくなる。徘徊等

②脳血管性認知症
笑って会話をしていたと思ったら、急に怒ったりする(感情失禁)がある。

③レビー小体型認知症
最初の一歩が出なくなることがある。一度止まると再度歩きだすのに時間がかかる。歩幅の小さな小刻みな歩行になる。

④前頭側頭型認知症
の思考も感情も持たず、言葉も発せない、身体も動かせない状態に陥る。

 *認知症予防

①睡眠(~8時間)

②有酸素運動

③野菜を多く食べる

④いろんな人と話をする(おしゃべりカフェはとってもいいこと)

⑤手を使いながら頭を使う・・手芸、パソコン、ゲーム等

その後、みなさんで話をしました。

 包括センターとは?だれがいってもよいの?介護について、本人が嫌がる場合は?などいろんな話がでました。

 65歳以上の4人に1人は認知症になると言われている時代です。
地域でお互いに認知症についての知識を共有することも大切です。
みなさんの意向で、プチイベントで「認知症サポーター養成講座」を近いうちに開催する予定です。
認知症になっても安心して生活できるようとのだれもの願いです。

 笑いあり、お互いの話しに親身に向きあったりして、毎回毎回おしゃべりカフェが充実していっています。
参加しなくてはわからない雰囲気。来ない人は「もったいないね。」

 次回もお楽しみに。


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.