ソーシャルビジネスセミナー「地域ネットワークを活かした資金の循環モデル」開催します

 地域をよりよくしたい!

くらしの問題を解決したい!

まちの問題を解決するためには、市民や地方公共団体、金融機関、専門家などのお互いの協力が必要です。

本セミナーでは、木村真樹さんをお招きして、金融機関のみならず、事業者(企業、個人及びNPO)や支援団体の皆さんと、地域金融機関が本気でソーシャルビジネス支援に参画するためのアクションについて対話します。

 

         


○講演者紹介○

木村 真樹氏

地方銀行勤務を経て、2005年にコミュニティ・ユース・バンクmomoを設立。
若者たちによる”お金の地産地消”の推進や、市民公益活動への伴奏支援を行っている。
2013年4月にはあいちコミュニティ財団を設立し、2014年4月に公益財団法人として愛知県から認定。
2015年には第3回「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」国内部門賞を受賞。


【日時】平成29年2月9日(木)17:30~20:00

【会場】関信用金庫本店6階 ふれあいホール(岐阜県関市東貸上12-1)

【対象者】
    ・NPO法人などの社会的企業や地域貢献につながる事業を営む方
    ・ソーシャルビジネス分野での創業をお考えの方
    ・地域金融機関・地方公共団体など、ソーシャルビジネス支援機関の職員の方

【参加費】無料

【定員】30名(先着順)

【申込方法】参加申込書に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
     (参加申込書をお持ちでない方は、上記画像をダウンロードいただけます。)
      送信先:日本政策金融公庫 岐阜支店
      FAX:058-263-6531

【内容】
○第1部 『お金の地産地消白書2014』を読む会in岐阜県関市
講師:木村 真樹氏

地域金融機関をソーシャルビジネス支援に本気で巻き込むためのデータや事例、専門家の声をまとめた「お金の地産地消白書2014」。
本セミナーでは、本書の解説及び地域金融機関が本気でソーシャルビジネス支援に参画するためのアクションについて、金融機関のみならず事業者(企業、個人及びNPO)や支援団体のみなさんと対話します。

○第2部 施策紹介「ソーシャルビジネスのための支援メニュー」

岐阜県内では、日本政策金融公庫が主体となって昨年、地方公共団体や、専門家、金融機関がソーシャルビジネスを営む方をワンストップで支援する「ぎふソーシャルビジネス支援ネット」を設立しました。
第2部では、参加機関の持つ支援メニューをご紹介します

【主催】ぎふソーシャルビジネス支援ネット
    (日本政策金融公庫岐阜支店・多治見支店、岐阜県(環境生活部環境生活政策課)、岐阜県信用保証協会)

【共催】関市市民活動センター
    関信用金庫

【後援】関市
    関市ビジネスサポートセンター(Seki-Biz)

【お問い合わせ】
    日本政策金融公庫 岐阜支店 担当:武、安間
    TEL:058-263-2136


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.