12月プチイベント「ノルディック・ウォークを体験してみよう!」を開催しました

12月プチイベント「ノルディック・ウォークを体験してみよう!」を開催しました。

ノルディック・ウォークとは、スキーのストックのような2本のポールを持って行うウォーキングの事です。
ポールを使うことで、全身の筋肉をたくさん刺激することができるので、普通のウォーキングよりもエネルギー消費量が約20%も増加します。

体力づくり、スタミナアップ、減量などにとても効果的で、肩や首のコリの解消、肩甲骨の可動域の改善にも有効なのだそうです

 


今回は、(一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟公認指導員・ツインポール・レボリューションウォーキング認定インストラクターの井上伸子さんに指導していただきました。

参加者は16名。はじめて体験するという方がたくさんみえました。

まずはセンター内でノルディック・ウォークについて説明を受け、安桜公園に移動して準備運動。
ポールを使いながらの運動は、ポールなしではふらついてしまうようなストレッチも行いやすく、のびのびと準備運動が出来ました。

そして簡単にウォーキング練習。

通常のウォーキングのように、右足が出た左手のポールが出るようにつき、軽く地面を押すことで右足がつま先まで使って地面をけることができます。そして左足が自然と前に出ます。

頭ではわかるものの、みなさん大苦戦。
ナンバ歩きのように、右足と右手が同時に出てしまいました。
はじめての方はここで苦労されるそうです。

なんとか慣れてきたところで、保健センターまで歩きました。

 

 

 

保健センターに、歩行の目安の看板やマークがあるのをご存知でしたか?

自分の身長から、歩幅の大きさを知り、普段もそれくらいの歩幅で歩けるようにして下さいと教えて頂きました。

そして、刃物会館前の歩道橋で階段の上り下りの練習も行いました。
数段先に両手のポールをつき、それを支えにして上り降りをします。
なれると楽に上り下りが出来ました。


そしてまた安桜公園に戻ってストレッチ。
よいお天気の中、気持ちよく運動出来ました。

プチイベントでは初の屋外イベント。
皆さんとても楽しんでいただけたようでした。


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.