「関のソーシャルビジネスプレゼン大会事前研修会」を開催しました

 11月26日13:30~16:00

関市役所にて、関のソーシャルビジネスプレゼン大会の事前研究会が行われました。

講師として見えたのは、
株式会社PEER代表取締役、東海若手起業塾OBOG会会長の佐藤真琴さんです。

今回、発表者として立候補いただいた方や、気になってきてみた、という方々と一緒に、各々が思い描く事業についてじっくり考えました。

皆さんが思い描いている事業には、必ず事業を起こしたいと思った「きっかけ」や「問題」があります。

しかし、問題として目で見えていることは「事実」であって、その「事実」を解決することを考えるのではありません。
根本的に解決しなければいけないことは、目には見えないところに「真の課題」があります。
(「事実」≒「ニーズ」であり、その「ニーズ」が生まれる本当の要因が解決すべき「真の課題」です。)

その原因の「具体的な解法(手段)」の本当の正解というものは誰にもわからないことであり、
正解だと思うことを事業主が決めて、様々な解法で真の課題に働きかけることがソーシャルビジネスというものです。
その解法で働きかけても、真の課題が解決されなければ改善したり、解法を変える必要があるけれども、真の課題を解決することからは道がそれないようにしなければなりません。

今日集まっていただいた方々は、誰もが胸の内にあつ〜い気持ちを持って見えました!
その気持ちをどう形にするのか、皆さん頭を抱えて悩んで見えました。

それって本当に必要なことなの?
なくたって生きていけるのでは?

そんなことを問われた方も。

「問題」は、それがなぜ「問題」なのかも、きちんと把握して説明しなければ、周りの賛同も得ることが出来ません。

皆さんの事業が力強いものになるよう、コーディネーター一同奮起します!

 

 

今回集まっていただいた皆さんが舞台に立つ、「関のソーシャルビジネスプレゼン大会」の本番は、
平成29年1月28日(土)13:30~16:00に開催されます。

ご興味のある方は、下記URLの詳細をご覧ください。

http://seki-siminkatudo.com/2016/11/post-281.html


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.