第10回「関のおしゃべりカフェ」を開催しました。

第10回のおしゃべりカフェは、ゲストに浦田悠宇さんをお迎えして漢方について話しました。牛の胆石を乾燥させた「牛黄(ごおう)」を古くから漢方薬として利用してきたことにも驚きましたが、1000頭に1頭しか見つからない希少なもので、高貴薬の一つになっているそうです。日本産はなくて全てが輸入品であらゆる病に効能があるそうです。「動悸、息切れに・・・」「風邪と思ったら・・・」等の薬の中にも少量含まれているそうです。

 病院の薬と一緒に飲んでもよいか?

 漢方薬を飲んだらどんな病気でも治るのか?

 食前、食間、食後の薬の飲み方、忘れた場合は?等々

質問もたくさんでました。バランスの良い日本食を食べて、漢方薬で病気予防し、自然治癒力を高めることが理想のようです。 身近なひとに認知症になられた方が見える方は腎臓にご注意!

浦田さんがやさしく語りかけて、みなさんの笑いを取りながら

わかり易く説明して頂けたので、参加された方は大満足でした。

次回をお楽しみに。

 

 


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.