「市民活動のためのプレゼンセミナー」開催しました

 6月19日19時半より、市民活動のためのプレゼンセミナーを開催しました。

市民活動団体にとって自分たちの想いを伝えるプレゼンテーションは大変重要になします。

関市市民活動助成金の審査会でも10分のプレゼンがあります。

今回は、名古屋栄のアップルストアでもプレゼンセミナーをやっている宇佐見将太さんを講師に招きました。

会場は膳の然関店。飲み物とお菓子をいただきながらリラックスした雰囲気の中で開催しました。定員の20名を超えた25名が参加。会場は人がいっぱいになり熱気に包まれました。

IMG_4130.jpg

セミナーのポイントをご紹介します。

・文字ばかりのスライド、暗い部屋、演題に張り付いて話すそんなことはもうやめよう。

◆準備

・まずはPCの電源を落とそう。最初にやらなければいけないことは、なぜ自分の話を聞いて貰う必要あるのか、相手に何を伝えたいのかを徹底的に考える事。

・統計データの論理だけでは不十分。「相手の感情に訴えかけること」。感情を揺さぶられたことは、よくあたまに残る。そのために大切なのは「ストーリー」。

◆制作

・スライドには余白をうまく使おう。少ないことは豊かなこと

・視覚的に写真を使おう。使うなら、画面いっぱいに。

・無駄な要素を削ぎ落とす。

◆実演

・人間の集中力は10分~20分しかもたない。そのころに動画等を流して変化を

・部屋はあかるいままで、演題から離れて、自らをさらけ出す、お客さんとの間にある壁をできるだけとりはらう。

・やっぱり練習を。

 

 


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.