H26きらめき)レコネンド-関てづくり市 

さる5月3日(土)終日、

関てづくり市が市役所庁舎前わかくさ広場にて開催されました。

このイベントは、レコネンドさんが今年度取り組む事業

「人と人がより仲良くできるイベントを企画、創作を通してひとが繋がり、地域がより仲良くできる環境づくり」

のなかの一つとして企画されました。関市は市民活動助成金にてこの事業を助成しています。

イベントの模様を当センタースタッフとして見てきましたのでご報告します。

 

実行委員会の前身であるレッド・スケートさんは

5月3日をゴミの日と定め、クリーン活動(スケートパトロール等)を行ってきました。

その活動をより広く地域に根付かせるため、Earthconnect実行委員会を立ち上げ、

皆が参加できるクリーン活動を、さらにその後には皆が繋がり合える「関てづくり市」を

主催されました。

 

当日9時半からのクリーン活動では、

希望者に手袋とごミ袋が渡され、広場内だけでなく周辺道路のゴミ拾いをしました。

きれいになった会場にて10時から関てづくり市が開催されました。

市内外からの出店者によるブースがぐるりと広場を囲み、

広場中央では太鼓体験やバンド生演奏に聞き入ったり、子どもたちが遊んだりしていました。

Earthconnectさんの呼びかけによる出店者のほかに、

CHABUクラフターズマーケットさん、サイクルマーケットさんもオープンしていたので、

会場はたくさんの店が並び、様々な嗜好に応えられる場になっていたように思います。

また、会場の一部には台が置かれ、スケートボードの技を披露していました。

 

ラストイベントの3時からのストライダーレースでは、

これに参加するために来たという家族連れもあり、

がんばる2~5歳児、それを応援する人たちで大いに盛り上がりました。

P1020069.JPGP1020083.JPGP1020080.JPG

Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.