「面白く、読んでもらえる広報誌セミナー」開催しました

 2/2に市民活動向けの『面白く、読んでもらえる広報誌セミナー』開催しました。

講師は、当センター事務局長であり、フリーマガジンぶうめらんの編集長である北村隆幸が務めました。


  えてして、活動報告だけを載せる自己中心的なものになりがちな市民活動広報誌。難しいのは、ただ読んでもらえればいいというものでもありません。自分たち の活動の目的が明確なのはもちろん、広報誌の役割は何かを明確にし、想いを読み手に伝えて行くことと読んでもらえることを両立していかねばなりません。

今回のセミナーでは具体的であることに留意しました。
皆さんが、今回聞いた事で、一つでもすぐに活かせる事があったらいいと思っています。
これだけは覚えておいた方が良い編集、企画、文章、写真、見出しのコツを伝え、フリーマガジンぶうめらんで使用している取材シートや台割表、文章作成フォーム等も資料につけました。
また、事例を用いて、どのあたりがすごいのか説明しました。

途中にワークショップをはさみ、実際に自身が記者となって取材して、主題と記事の見出しまでつけてもらいました。全員から発表いただきましたが、即席にも関わらず、とっても面白い。そこから、学び合いができたことが、良かったのではないでしょうか。

a0026530_14345891.jpg

 


Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.