地域委員会を考える市民勉強会第3弾開催しました

 9月8日(日)にアピセ関多目的ホールにて、地域委員会を考える市民勉強会第3弾「地域委員会から小規模多機能自治を進めよう」を開催しました。

tiikiiinnkai.jpg

勉強会は、まず、すでに動き出している市内の3地域に「活動自慢」をしていただきました。

各団体でたくさん活動をしている中で、1個だけに絞って説明してもらいました。
これは、各地域の素晴らしい取組みを知り合う事で、お互いの刺激になってもらう意図があります。また、自分たちと人口構成が似た地域が取組んでいる事は活動の参考になりやすいものです。
上之保ふれあいのまちづくり推進委員会「西国三十三観音石仏」
田原ふれあいのまちづくり推進委員会「中学生が企画運営する『チャレンジ』」
NPO法人日本平成村「福祉有償運送」

そして第2部として川北さんの講演「地域委員会から小規模多機能自治を進めよう」でした。
参加した方の声を聞いていると今までぼんやりとしていた地域委員会が分かったとか、必要なことが理解できた等、とっても前向きな声をいただきました。
川北さんはブログに、当日資料を載せてくれています。
関市の10年、20年先の人口、財源、高齢化率、独居老人世帯数等現実的に身が引き締まる数字がならんでいます。情緒論だけではなく、しっかりと数字を見せて、その土台で議論していく。この重要さを改めて認識しました。

また、当日資料を下記に添付いたします。

20130913153711176.pdf

Copyright (c) 関市市民活動センター. All Rights Reserved.